RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
出演団体の紹介:11/3(日曜)前半



東京中野真南風エイサー

東京中野真南風エイサーは地域貢献、青少年育成、文化交流をモットーとし、中野区を中心に活動させていただいています。会員数約50名の団体で、エイサーは沖縄市南桃原(みなみとうばる)青年会から型受けをさせていただき男はイカつく、女はパワいく迫力のある演舞をお楽しみいただきたいと思います。

<WEB>
http://mahai.daa.jp/



 
森の踊り衆/神着太鼓、岩崎鬼剣舞

森の踊り衆は結成25年、「「心が踊れば身体も踊る」を目指し日本各地に伝わる郷土芸能を学んでいます。太鼓のまわりに仲間が集まり、叩き、唄い、踊り、語らう。芸能を知りチャランケ祭での出会いに感謝します。20回記念おめでとうございます。

 



上石神井琉球エイサー会

とにかくエイサーを踊るのが楽しくてしょうがない!!そんな気持ちで「かっこいい」踊りを追及する人たちの集まりです。活動の拠点は東京の練馬区上石神井と西東京。一年を通して東京近郊で開かれるお祭りやイベント、または福祉施設などで演舞しています。「モットーは熱血&いちゃりばちょーでー(行き会えば皆兄弟)」ぜひ一度、琉球エイサー会の演舞をご覧下さい。会員も募集中です。

<WEB>
http://ryukueisa.jimdo.com


弓野惠子/アイヌ神謡 カムイユカラ

北海道浦河町姉茶生まれ。現在、東京アイヌ協会に所属しています。アイヌである事がいやだった時期もあったが、アイヌには文字がなかったけれど、ユカラとかカムイユカラ、ウエペケレ等口承文化として言い伝えられている事に感動し、多くの人にアイヌ文化を知ってもらうよう活動しています。

<予定演目> 白沢ナベさんのシマフクロウとサケ


 



ケグリ/朝鮮民謡


ウチナンとアイヌが中野あたりでであった
酒をかわしつつ始まった
そうさそれがチャランケチャランケ

早くも20年
さまざまな峠を越えて
早くも20年
それぞれの峠を越えて
たたかれても
うたれても
だまされても
ののしられても
チャランケチャランケ

ウチナンやまとんちゅうアイヌ
ウチナンやまとんちゅうアイヌ
わかりあえるさ
手をつなげるさ
こえられぬ峠などどこにもない
そうそれがアリラン峠
そうそれがアリラン峠

 


「ケグリ」は朝鮮語で「蛙」の意味。
朝鮮半島に伝わる農民たちの豊作祈願「農楽」のリズムをベースに、
在日二世・黄秀彦(ファン・スオン)と仲間たちが歌い、世界をつくり遊びます。

<WEB>
http://livebloomin.web.fc2.com/hwang_sooeon.html




かみさぎ舞鼓打人/エイサー

チャランケ祭には、2003年から出場させていただいている『かみさぎ舞鼓打人』です。第20回『チャランケ祭』、おめでとうございます!ワシタシマーは、中野区上鷺宮です。沖縄の青年会と同様、字(アザ)上鷺宮の「かみさぎエイサー」に誇りを持って、魂を込めて踊ります!
子供達と一緒にエイサーを踊り続けて13年余。毎年チャランケ祭では、その年の総決算として一生懸命踊りますので、皆さん、見てくださいね! ゆたしく〜!

<予定演目> ダンジュかりゆし/固み節/テンヨー節/スーリ東/海ヤカラ/仲順流り/久高マンジュウ主/ヒヤミカチ節/唐船ドーイ

<WEB>
http://kamisagi.jimdo.com/


ぺウレウタリの会/アイヌの踊り

首都圏を中心に、アイヌ民族と非アイヌで構成された親睦、交流を目的とした団体です。私達は主に首都圏在住です。アイヌ文化の伝承にも取り組んでいて、舞踊も学んでいます!今年もがんばります!
※ペウレ・ウタリ=アイヌ語で「若い・仲間」




和光青年会/エイサー

和光青年会は東京都世田谷区と町田市にある和光学園の卒業生で構成され、世田谷区を拠点として活動している団体です。沖縄市の園田青年会と交流し、伝統エイサーを学んでいます。今年で結成11年目となります。中学生から社会人までの幅広いメンバーがいます。精一杯踊りますのでよろしくお願いします。

<予定演目> 仲順流り/久高節/スンサーミー/トゥタンカーニー/海ヤカラー/テンヨー節/いちゅび小節/かたみ節/唐船ドーイ

<WEB>
http://wakoseinenkai.nomaki.jp/



--------------------------------------------
◎各団体の方々からいただいたプロフィール、メッセージ等の文章と画像に、昨年の記録を交えながら掲載しています。




 

author:チャランケ祭実行委員会, category:-, 07:01
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:01
-, -, -
Comment